竹ちゃんの めばる釣り


瀬戸内海は広島県倉橋島周辺をホンダ2馬力ミニボートでの釣行記です
by mebaru21100
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

目標の30匹を釣ったよ(*^▽^*)・・・

今回は大潮から下った中潮でありメバル釣りに丁度良い。
潮見表では、18時40分過ぎが干潮、月の出が22時頃なのでそれまの時間帯が絶好となる。
しかし冬潮では夜の潮位が高く干満差が少なく潮の流れが緩いのが気になる。

いつもの目標は15匹だったが、昨日バイクやさんにイサリで採った真タコを頂いているので
17匹確保のつもりで出発。

途中に釣具のポイントケゴヤ店でアオムシ600円を買った時、レジのゴナオちゃん(女性)から「ひさしぶりですね」と声を掛けられたので「いまからメバルを30匹釣ってくるよ」と、僕は嬉しそうにとそう返した。
そしたら「600円で30匹だったら一匹20円ですね」と微笑み返しが・・・・

・・・なんと、いつの間にか目標が30匹になってしまった・・・。

僕のフィールドで釣り始めたのはpm7時だった。
30分経過したら潮の動きが良くなってきたのだろう当たりが続くようになった。

pm9時くらいの出来事だった。
めばるを釣ったらすぐにナイフで〆ているのだが、その時失敗してメバルの腹の棘が、利き手の人差し指に突き刺さってしまった。
ジンジン痛くてメバルを釣り上げても針を外すことが出来ず、右手で延べ竿が持てない。
指先の熱を冷やすのにクーラーの氷に指を当てたりするも、痛くて釣りにならない。
ロス時間が30分はあっただろう。

気分転換で最後の移動(3回目のポイント)をした頃は少し釣果は下がったが、大きいメバルが釣れる様になってきた。
この移動を含め、2回のポイントを移動したのだが、いずれも延べ竿の1投目で大物が掛かった。
残念ながら糸が細い為逃がしたのだが、自然の姿(音無し・光無し)では大物が居るのだろう。

pm11時前にはメバルの針が無くなってしまって2号のハリスにチヌ針を付けたのだが針と糸が太すぎて釣れなくなったのか、闇夜が終わり月の光で照り始めためか分らないが、30匹以上は釣れたことを確信していたので納竿した。
c0196945_21175212.jpg

釣りを終えたら、いつものように冷凍うどんを食べた。
c0196945_1453590.jpg

【釣果写真についてひとこと】
針を呑みこんでしまったチビメバル(右上のチビめばる)はは、リリースしないで食べるようにしている。

今回は「メバル針8号糸1号」で釣ったが、次回はメバル針10号糸1.5号とする事にした。(大物を逃がさない為)
c0196945_146082.jpg

アラガブは白身で身にこしがあるのでお刺身。
タナゴは塩焼きが旨い。

c0196945_14185137.jpg

逃がした大物はめばるだったら30cmクラスだろう。それともグレか。・・・・チヌだったら引きで判るし40cmあっても逃がすことは無いと思う。



c0196945_211830.jpg

めばるは、煮汁が浸み込むので一日間置いていただく事にしています。
~~~おいしかったよぉ~~~
[PR]

by mebaru21100 | 2009-11-08 14:03
<< 夜釣りの後、デオデオに並んだ 船外機が直った。 >>